糖尿病の食事にパスタは大丈夫!?

パスタ

パスタは高カロリーで太るというイメージがありませんか?糖尿病の人は食べたらダメな感じがしませんか?

パスタは低GI値食品

誤解です。パスタは血糖値を上げにくい低GI食品です。55以下が低GI値です。

【パスタのGI値】

  • 全粒粉パスタ:37
  • 乾燥パスタ :41
  • マカロニ  :45

低GIの玄米が55なので、パスタは血糖値を上げにくい主食だと言えます。意外ですよね。

ただし生パスタは高GI値食品なので注意!食べるなら乾燥パスタに限ります。

スポンサーリンク

血糖値の上昇を抑える茹で方のコツ

パスタの麺は柔らかい方が好きですか?固めが好きですか?

パスタ茹でる

糖尿病の人にお勧めの茹で方はアルデンテです。芯が少し残る位が目安。アルデンテだとよく噛んで食べられるので満腹感もあります。

ゆっくり食べることで糖質の消化吸収スピードを穏やかにできます。パスタは食物繊維が豊富なので、より血糖値を上げにくくします。

糖尿病の人におすすめのパスタ

様々なパスタ

パスタは種類が多いですよね。本場イタリアでは300種類以上あるそうです。

輸入食品のお店に行くと珍しい形のパスタを見かけます。おなじみなのはロングパスタ。外食のパスタメニューの多くがロングパスタです。

でも糖尿病の人にお勧めなのは、ショートパスタです。噛みごたえのある厚みのあるものがおすすめです。

ペンネ

【おすすめショートパスタ】

  • ペンネ:筒状
  • オレキエッテ:耳たぶの形
  • フジッリ:らせん状

ロングパスタを食べるなら、1mm以上の太いものを選びましょう。

パスタソースと具の選び方

パスタを茹でた後、たっぷりバターを絡めるのはやめましょう。バターの風味はおいしいですが、高カロリーになります。

市販のパスタソースは便利ですが、塩分や脂質を多く含むものが主流なのでお勧めできません。

olive_oil

お勧めはオリーブオイルを使ったソースです。香りや風味がパスタとの相性抜群ですよね。悪玉コレステロールの低下作用のある、オレイン酸が豊富なのも嬉しいです。

具には新鮮な野菜やきのこをたっぷり使うと、食物繊維豊富な一皿になります。

スポンサーリンク

おすすめメニュー

ペペロンチーノ

糖尿病の人にお勧めのパスタメニューは、シンプルなペペロンチーノです。オリーブオイルの良さが引き立つメニューですよね。

香り立つニンニクとピリ辛の唐辛子が良い仕事をしてくれます。

ニンニクのアリシンという成分には、糖質の代謝を促す作用があります。ダイエット食品でもお馴染みの唐辛子の成分、カプサイシンにも新陳代謝を促す作用があります。

にんにく

両方が兼ね備わったペペロンチーノは、糖尿病の人にぴったりのメニューです。野菜サラダと一緒に食べるのがお勧めです。

血糖値の上昇を抑えてくれるパスタを上手に取り入れて、おいしい糖尿病食を目指しましょう。

ペペロンチーノの作り方

The following two tabs change content below.

わけあり専業主婦

糖尿病の夫が気負わずに食事療法を続けられるのが理想です。毎日いろいろな工夫をしています。

スポンサーリンク