糖尿病の食事に飽和脂肪酸とオメガ6の過剰摂取は厳禁

バターたっぷり

飽和脂肪酸って何?という人も多いと思います。

オリーブオイル糖尿病の人におすすめの油だと知り、特性を調べると不飽和脂肪酸が多いとわかりました。

糖尿病の人にとって良い物を知るためにも、脂肪酸のことを知る必要がありそうです。

スポンサーリンク

脂肪酸とは何か?

三大栄養素って聞いたことがありますよね。人間の体に必ず必要な3つの栄養素のことです。

炭水化物・たんぱく質・脂質が該当します。体のエネルギー源となるので必ず食べ物で補う必要があります。

脂肪酸とは脂質の構成成分のことです。体内でエネルギー源になったり、細胞膜を作る成分となったり、体の機能を調整する大事な役割をしています。

脂肪という言葉が付くので体に余分な物のような印象を持ちそうですが、違います。実は体に欠かせない成分が脂肪酸なのです。

脂肪酸は大きく分けて2種類あります。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸です。それぞれの特徴をしっかり理解することが大事です。

飽和脂肪酸の特徴

飽和脂肪酸の性質を理解しましょう。

  • LDL(悪玉)コレステロール値を上昇させる。
  • 常温で固体になる。
  • 酸化しにくい。

医者悩む

「LDLコレステロール値の上昇」=「動脈硬化促進」です。糖尿病の合併症を引き起こしやすくします。

不飽和脂肪酸の特徴

不飽和脂肪酸の性質を理解し、飽和脂肪酸との違いを知りましょう。

  • HDL(善玉)コレステロール値を下げない。
  • LDL(悪玉)コレステロール値を下げる。
  • 常温で液体のまま。
  • 中性脂肪値を下げるものもある。
  • 血液を固まりにくくする役割のものもある。

喜ぶ

HDLコレステロールは動脈硬化を抑える働きをします。糖尿病の合併症予防に繋がります。

各脂肪酸を多く含む食品

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の特徴を見てみました。

不飽和脂肪酸が糖尿病の人にとって有効なのは明らかですね。飽和脂肪酸は注意して摂取する必要があります。

どの食品にどの脂肪酸が多く含まれているか、しっかり理解しましょう。

バター

【飽和脂肪酸を多く含む食品】

  • バター、マーガリン
  • ラード(豚脂)
  • ヘッド(牛脂)
  • パーム油(ヤシ油)
  • チョコレート(ホワイトチョコレートがミルクチョコレートより多い)
  • ナチュラルチーズ

不飽和脂肪酸

【不飽和脂肪酸を多く含む食品】

  • オリーブオイル (一価不飽和脂肪酸)
  • なたね油(一価不飽和脂肪酸)
  • さば等の青魚(含有するEPAやDHAがオメガ3脂肪酸)
  • えごま油(オメガ3脂肪酸)
  • サラダ油、コーン油、マヨネーズ(オメガ6脂肪酸)

スポンサーリンク

不飽和脂肪酸の落とし穴

不飽和脂肪酸には種類があり、それぞれ特徴が違います。オメガ6脂肪酸は要注意です。

【一価不飽和脂肪酸の役割】

  • LDLコレステロールの低下
  • 胃酸の分泌調整

オメガ3

【オメガ3脂肪酸】→必須脂肪酸(体内で作ることができない。食品で補う。)

  • LDLコレステロールの低下
  • 血栓ができにくくする
  • 中性脂肪値を下げる

オメガ6

【オメガ6脂肪酸】→必須脂肪酸

  • LDLコレステロールの低下
  • HDLコレステロールの低下
  • 血液を固める

オメガ6脂肪酸に含まれるリノール酸が、動脈硬化を抑制するHDLコレステロール値も下げてしまいます。

血液を固める作用もあるので、動脈硬化を引き起こしやすいです。

ただしオメガ3、オメガ6共に食品で補う必要がある必須脂肪酸です。オメガ6は摂り過ぎに注意して摂る必要があります。

1日の摂取量は厳守

医者がダメ

飽和脂肪酸とオメガ6脂肪酸の過剰摂取は、動脈硬化促進に繋がるので厳禁です。脂肪酸は体内のエネルギー源なので、量を守って食事に取り入れることが重要です。

The following two tabs change content below.

わけあり専業主婦

糖尿病の夫が気負わずに食事療法を続けられるのが理想です。毎日いろいろな工夫をしています。

スポンサーリンク