糖尿病でも焼肉、スイーツが食べたい!外食するポイント

焼肉

糖尿になってしまいますと毎日の食事管理と運動することがとても重要な生活を送ることになります。

糖尿になってしまった方の中には外食をすることが趣味のような方もいるかもしれません。

ですがそのままでは病状は改善されるどころか進むばかりですし、合併症を引き起こす原因になりますのでセーブをする必要があります。

食事を楽しめないとなるとストレスが溜り治療を放棄する危険性がありますので、糖尿でも楽しく外食する方法を紹介します。

スポンサーリンク

メニューの豊富なお店を選ぼう

メニューの豊富なお店

炭水化物メインのお店ですとやはり血糖値は急上昇することが想像できますので、野菜も肉魚も主食もいくつか種類があるようなお店を選びます。

治療を開始している方ならすでに1回で摂取した方がよい食事バランスはよく理解しているはずなので、範囲の中で好きなものを選ぶだけの話です。

定食屋さんは理想のお店でありメニューも豊富ですので、塩分の摂取には気を付けて好きなものを選んで楽しく食事ができますね。

最近の定食屋さんはサービスでご飯を始めから大盛りにしてくれるお店もあります。大変ありがたい話なのですがカロリーオーバーになってしまいますので、勇気をだして少な目にしてくださいと一言伝えると良いでしょう。

焼肉で血糖値を出来るだけ上がりにくくする方法

焼肉

焼肉だってたまには楽しみたいけど血糖値に影響するからといって、あきらめたくはありません。

工夫次第ではストレスなく焼肉を楽しむことはできます。焼肉で気を付けたいのはご飯やお肉の食べすぎもですが、実は付けダレに気を付けるだけで状況が変わってきます。

付けダレには意外とお砂糖がたっぷり含まれている物が多く、カロリーが高くなってしまう原因にもなります。ですので付けダレは少量だけ楽しんで、あとはさっぱりレモンで楽しむなどの工夫は大切です。

お肉自体はそんなに血糖値の急上昇にはつながらないので、付けダレに気を付けるだけで病気前と同じように焼肉が楽しめます。

私自身も焼肉は大好きで発症してからは回数を減らすようにはなりましたが、今でもたまに焼肉を楽しんでいますよ。やはりタレがありますとそれだけでご飯が進んでしまいますので、すぐにレモン汁に切り替えます。

タレを楽しむときは必ずサンチュにくるんで一緒に食べるようにもしています。

簡単な工夫で焼肉も罪悪感なく楽しめるようになりました。必ずサラダは頼むようにしてドレッシングはかけずに、お肉と一緒に楽しむようにしています。

毎週は楽しむことは中々難しいですが、管理栄養士さんには月1くらいなら食べ方には気を付けて楽しんでもいいよと言われました。

スポンサーリンク
[adsense]

スイーツを食べる時のポイント

糖尿病だって友人や家族と外でスイーツを楽しみたい時もあります。

ケーキバイキングやクリームやチョコ小麦粉のたっぷりケーキを食べることは、のちに自分を苦しめるのでお勧めできませんが、スイーツを楽しむことや気軽にお茶することはできます。

定食屋さんや焼肉同様工夫次第ではストレスなく楽しむことができます。

スイーツの選び方ですが小麦粉に合わせバターや砂糖を沢山使ったものやデコレーションの凝ったものは、間違いなく血糖値は急上昇します。

そんな中で比較的血糖値の上がりにくいスイーツは私の経験上シフォンケーキです。

シフォンケーキ

バターの使用量も少ないですしクリームのトッピングも殆どありませんので、シフォンケーキに関しては罪悪感なく楽しんでいます。

シフォンケーキは作りがシンプルな分風味がとても豊かです。

あわせてお砂糖もクリームも入っていないブラックコーヒーやストレートのコーヒーと合わせると、とても優雅な時間を送ることができます。

スイーツを食べた日はその後の食事の炭水化物を少し控えるだけでも血糖値の急上昇は防げますし、1日の摂取カロリーにもあまり響かないようになります。

糖尿病患者にとって外食は楽しみの1つ

私は糖尿になり外食の機会は減らしましたし、食事の仕方にも気を使うようにもなりました。

今までの様に軽い気持ちで外食することは中々難しくなりましたが、外食するときは思い切り楽しみたい気持ちは発症前から変わりありません。

発症当初はもう外食を楽しめなくなるのかと悩みましたが、今では少し工夫をして楽しむようになりました。

おいしいものを食べるのはストレス発散にもなりますし、また頑張ろうと活力にもなります。安くて栄養バランスに配慮したお店を探したりするのも楽しみの一つになりますね。

最近では健康を意識したお店が増えてきていますので、そんなお店を食べ歩きしてみても良いかもしれません。

万が一食べすぎたと思った時は食事の後にウォーキングすることもお勧めです。

医師の許可のもと合併症のあるなしが重要ですが、食事の後のウォーキングは血糖値の上昇を抑えてくれます。ウォーキングを趣味にしてしまえば食事も食後も楽しめるようになると思います。

スポンサーリンク


シェアする