【糖尿病】間食の悩み。。時間やカロリーで工夫

間食

糖尿病を発症した方の中には毎日のオヤツが楽しみなだった方が沢山いらっしゃると思います。

私もその中の1人で毎日かなり食べていましたし、400カロリーもするような菓子パンも平気で平らげていました。

いまの状況でそれをしてしまいますと、糖尿病を進行させるどころか急に体調不良になる可能性もあります。

ですが全く食べないのもストレスになりますので、上手な付き合い方を日々模索しているところです。

スポンサーリンク

医者や栄養士と相談し摂取可能なカロリーを知る

fac01_visual

教育入院した時に、日常生活のヒアリングがありました。出来るだけ退院後も今までの生活スタイルを変えることなく、糖尿病は改善していく治療スタイルを決めるためです。

私は毎日のオヤツが楽しみだと遠慮なく伝え、運動量や合併症の有無など踏まえ1日の間食カロリーは100カロリー位までなら良いとされました。100カロリーは少ないと思われるかもしれませんが、小袋のオヤツや菓子パンなら4分の1程楽しめます。

慣れてくればこれぐらいの量で充分満足できますし、逆に今までは食べ過ぎだったなと実感できます。

素材や製法にこだわってみる

糖尿病を発症したら今までの様に好き放題間食は命取りになります。
運動療法も食事療法も努力が無駄になり糖尿病を悪化させるだけです。

食べる量や回数に制限が出来たならば、その分素材や製法にこだわることをお勧めします。

こだわりの品は決して安くは無いですし素朴なものも多いですが、今までよりもオヤツタイムが充実しますし満足感もあります。

大量に食べていた時代よりもワンランク上の物を少し食べて、是非素敵なオヤツタイムを楽しんでほしいと思います。

個人的にはおからクッキーがお勧めです。歯ごたえもありますしクセもありませんので、お気に入りを探してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

時間を決めて間食する

間食のタイミングとしてお勧めするのは、なるべく時間を決めて食間に取ることをお勧めします。

食後下がり始めた血糖値をまた上げるのかと思われますが、適量であれば食後の血糖値急上昇を防ぐことも出来ます。

食間に時間が空きすぎると空腹の余り、食事を早食いしかき込んでしまいがちになります。

そうすると血糖値は急上昇し血糖値スパイクを引き起こしてしまいます。スパイクが重なると通常の血糖値は徐々に高くなりますし、高くなったものは下がりにくなります。

大変危険なのである程時間を決めて、何か口にするのをお勧めします。手軽な方法としてコーヒーや紅茶に牛乳を加えてみたり、小袋1つ食べてみるのをお勧めします。

世の中には甘くて美味しいお菓子が溢れていますが、好き放題食べては危険なのが糖尿病患者です。

ですが全く食べれない訳ではなく工夫次第では楽しめるのも現状です。先ずは医者栄養士に相談して摂取可能なオヤツのカロリーを算出してもらいましょう。

その上お気に入りの物を見つけて、少量ながら間食を楽しんで欲しいです。今までは量だったのならば、是非質にこだわって頂きたいと思います。

健康を気遣う方向けの(宅配食)ランキング

1位:彩ダイニング

2位:やわらかダイニング

3位:美健倶楽部