お腹いっぱい食べても太らない野菜料理

お腹いっぱい

糖尿病になっても山ほど食べたいですよね。

そもそも糖尿病は結構いい加減なところがある人がなる病気のような気がします。

自分がそうだから、みんなそうだと思ってはいけないかもしれませんが、そんなにストイックに守ってはいません。

糖尿病が分かった時も、症状があるわけではなく、ごく普通のおデブ気味のおばさん気分でした。

でも、糖尿がわかってからは、食事にすごく気を使うようになりました。でも食べたい気持ちがいつも勝ってしまいます。

食事を我慢してストレスをためて、後で、バカ食いしてしまいそうなので。。。
今日は、月並みですが、結構いっぱい食べてもあまり気にしないで良い簡単な料理を紹介します。

スポンサーリンク

おすすめ料理1(おかず) 温野菜

温野菜

作り方

1せいろに、キャベツと、レタスを敷き詰め、その上に肉の薄切りを並べます。

2その上に、かぼちゃ、ニンジン、だいこん、なす、れんこん、おくら、など、なんでも野菜を手当たり次第入れて蒸しています。

味付けは塩を少し振るだけです。余分な脂は、全部下のお湯の中に落ちてしまっています。

3横から見ると、キャベツの厚さの半分くらいの肉と、その上に10倍くらいの野菜が乗っています。かさましに、キノコ類と海藻をたくさん入れます。

4肉の色が変わって、かぼちゃにすんなり串が入ると食べごろです。
もみじおろしに、ポン酢で食べるとおいしいです。
味が薄いなと思う時は、塩や醤油は足さずに、トウガラシやレモン柚子などをかけています。

下に残った汁は味を調えてラーメンや、スープにしていましたが、カロリーオーバーの場合は、脂ギトギトのお汁なので、捨ててしまう方が多いです。

でも、すぐにお腹が空いてしまいます。そんな時ように食べられるカロリーを取っておくというような事は、やっていません。

三食ぎりぎり計算してめいっぱい食べちゃっています。お腹がいっぱいになると、無理に食べないで取っておいて後で、食べています。

それでも、口寂しい時は、カロリーの少ないもので、海藻や、キノコのチップや、残った玄米ご飯で、作る煎餅を、を食べています。

おすすめ料理2(間食) 手作りチップス

手作りチップス

作り方
1ニンジン 、ゴボウ。れんこん、かぼちゃ、なすなどをスライサーでカットします。

2皿に並べて、レンジ600wで約5分~10分加熱します。

3カリカリになれば出来上がりです。

オリーブオイルは、先に塗ったりすると、チップスにしみこんでしまい量が多くなるので、かおりづけに後から、ふりかけます。

5味付けは、カレーか、ガーリックパウダーをかけて、塩はあまり使いません。

これも、好きな野菜何でもいいのです。

ニンジンや、ゴボウなど植物繊維の多いものを選んで作っていますが、カロリーはゼロではないので、食べすぎに注意します。
これも、かさましで、キノコ、海藻のチップスを作り、口寂しい時は、キノコと、海藻ばかり食べています。

スポンサーリンク

残った玄米ご飯で煎餅

玄米ご飯で煎餅

作り方

1残った玄米ご飯(お茶碗半分くらい)に、いりごまと、青のりを入れて、よく混ぜます。

2風味程度に、醤油か塩を少しかけます。

3クッキングシートをひろげ、玄米ご飯を上に載せます。

4玄米ご飯を均等に広げます。上からもう1枚クッキングシートをかぶせて上から、掌で、おしてつぶします。15㎝位の円形にします。

5 600wのレンジで、4分ぐらい加熱します。

うっすら焦げ目がつけば、出来上がりです。

普通のお煎餅だと、糖質になってしまうので、玄米で、がんばっています。

まとめ

食事を制限しないといけないとわかっていても食べたくなってしまいます。

水分を多く摂ることもやっております。特保飲料はかなりお世話になっています。

まず、お腹が空くと水分補給ですが、それでもだめだと、低カロリー低カロリーと、呪文のように言って、海藻とキノコをどうやっておいしく食べるかを考えています。

【投稿者】

institute-goquさん

【プロフィール】

一応、父は糖尿病でした。私も妹も糖尿病です。経験は豊富ですが・・・のんびり行こうがもっとうなので、ストイックな食生活はしていません。

スポンサーリンク


シェアする