糖尿病だと血圧が上がりやすくなる4つの理由

糖尿病と高血圧

糖尿病疾患の方の約半数は高血圧も合併していると言われています。

死と直結する心筋梗塞や脳卒中の発生確率では
糖尿病がある人は、ない人と比べて2~3倍高いともいわれていますし、
また、糖尿病と高血圧が合併している人は、ない人と比べて6~7倍になると言われています。

つまり、糖尿病と高血圧の関係性は非常に深いと言えそうです。

スポンサーリンク

■糖尿病の方は血圧が上がりやすい?

糖尿病の人は高血圧の人が多いとよく言われます。
これは血糖値が高いと血圧が上がりやすくなることが要因となっています。

血糖値が高いと血圧が上がりやすくなる理由は以下3点です。

・血液量自体の増加
・血液の流れの滞り
・塩分濃度上昇
・神経系による影響

1.血液量自体の増加

血糖値が高い状態が続くと、そのブドウ糖を薄めようと、体の自助作用で血液量を増やしてしまいます。
水分を大量に摂取するなどもあり、血圧量全体が上がってしまいます。

2.血液の流れの滞り

また、同じように血糖値が高い状態が続くと、ブドウ糖が血管内部に付着し、血液の流れを阻害、滞りがちになってしまいます。

3.塩分濃度上昇

さらに血糖を下げるインスリン自体が、血圧を上げる作用を引き起こす場合もあります。

血糖値が高いとインスリンが多く分泌されますが、このインスリンが交感神経を刺激し、血液中の塩分濃度を上昇させます。

この塩分濃度を薄めようと体の自助作用で血液量を増やします。結果、血圧が上昇してしまいます。

つまり、塩分濃度も血圧上昇の要因なんですね。

4.神経系による影響

糖尿病の方は合併症の神経障害にもある通り、神経系にも大きな影響をおよぼします。

自律神経と言うのはご存知でしょうか。

自律神経は「体性神経」とは違い、自分の意志でコントロールすることのできない神経で、
主に人間が生命を保つために欠かせない働き、具体的には脈拍、血圧、消化、発汗などを調節している神経です。

自律神経は「交感神経」と「迷走神経(副交感神経)」の2つの神経があります。

自律神経

交感神経」は「闘争と迷走の神経」ともいわれますが、主に運動のときや感情が活発な時に働く神経です。

また「迷走神経(副交感神経)」は交感神経が働いていないときに働く神経で、特に運動していないときや睡眠しているときなど、リラックスしている時に働く神経です。

一般的に「交感神経」が高まると心拍数、血圧ともに高まり、逆に「迷走神経(副交感神経)」が高まると心拍数、血圧ともに低下します。

実は糖尿病の方のは自律神経障害が起きる方も多く、特に交感神経を高めてしまいます。

交感神経を高めてしまうことで、結果、血圧上昇という要因につながってしまいます。

実は私もこの自律神経があまりうまく調節できていないようで、運動時や食後など動悸が止まらなくなってしまうことがあります。

このように糖尿病の方には、自律神経の状況を細かく把握することで対処する方法も学ぶ必要があります。

スポンサーリンク

■高血圧の方も血糖値が上がりやすい?

糖尿病と高血圧の関係性は非常に密接です。
逆も真なりではないですが、高血圧そのものが血糖値も上げやすくしてしまいます。

ポイントは肝臓です。
肝臓は糖を分解する主要臓器の一つです。

肝臓は血液内にある毒物をろ過するような臓器で、
高血圧の場合、多くの血液をろ過することで、肝機能に大きな負担を強いてしまいます。

結果、この肝臓が弱体化することで糖を分解する機能が弱体化し、血圧中の糖分が増加してしまう、ということです。

つまり、肝臓の弱体化は糖尿病を引き起こす可能性が高まるということです。

■卵が先?鶏が先?糖尿病の怖さ!

上記記載のように、糖尿病と高血圧の関係性は深く、症状悪化には相乗する可能性があります。

生活習慣病と言われるものの多くがそれぞれ相互につながっています。

特に動脈硬化は「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症(高脂血症)」それぞれが悪化させる要因を複数持ち、
結果、死と直結する「脳卒中」や「心筋梗塞」などを引き起こす可能性が高まります。

一説によると、糖尿病はがんや認知症などにも関連があると言われています。

■まとめ

糖尿病と高血圧は相互に密接な関係があります。

一般的には糖尿病が高血圧を引き起こしてしまいますが、
逆に高血圧の方が、肝機能の弱体化をきっかけに糖尿病を引き起こす可能性もあります。

血糖値と高血圧を上げすぎないことは、死を招く多くの病気を予防することにもつながります。

The following two tabs change content below.

arashidaisuki

2型糖尿病で生活習慣改善中!の40代男性です。 栄養士の妻とともに糖尿病克服を目指しています!

スポンサーリンク