糖尿2型に効果大!無酸素運動+有酸素運動

運動

運動療法によって、肥満・ストレスの解消・筋肉の活動量が増えることでインスリンの働きが改善する。などが期待できます。

1型糖尿病は自己免疫疾患であり、すい臓のインスリン産生機能の低下により、インスリンの分泌が行いにくくなる状態です。

すい臓の問題のため、運動によるインスリン機能の改善という効果は望み薄とされています。

しかし近年、筋力トレーニングが1型糖尿病にも効果が期待できることが分かっています。

2型糖尿病は、遺伝的要素や過食・運動不足・肥満・喫煙などの生活習慣が引き金となって発症します。そのため、運動によるインスリン抵抗性の改善が期待でき、運動療法が欠かせません。

スポンサーリンク

<糖尿病に適している運動とは>

運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。

有酸素運動

有酸素運動は、主にウォーキングや軽いジョギング、エアロバイク(自転車こぎ)、軽負荷(呼吸を止めないで行える程度)の筋力トレーニングなどが挙げられます。

有酸素運動を行うと、ブドウ糖の筋肉供給が促され、インスリン効果が高まり、血糖値が下がりやすくなります。

糖尿病には、この有酸素運動が適しているとされてきました。しかし、最近の研究では、有酸素運動と無酸素運動(中等度)の筋力トレーニングを組み合わせることによって、より高い治療効果が得られることが明らかとなっています。

無酸素運動(低~中等度の負荷)

糖尿病で推奨されている筋力トレーニングは、低負荷~中等度の負荷のものです。

筋肉量が増加することは、基礎代謝を高めることに繋がり、肥満の解消になります。肥満が解消されると、インスリン抵抗性の改善に繋がります。

また、インスリンの働きが無くても、筋収縮により、ブドウ糖を吸収できることが近年明らかとなりました。そのため、1型糖尿病のようなインスリン分泌が少ない状態でも、筋力トレーニングが有効な運動療法として認知されたのです。

糖尿病患者さんの運動療法(室内運動編)

<無酸素運動の落とし穴>

無酸素運動

低負荷~中等度の負荷の筋力トレーニングは有効とされていますが、強度の高い激しい筋力トレーニングは逆効果となってしまいます。

呼吸を止めて一生懸命に力むような激しい筋力トレーニングを行うと、そのために必要なエネルギーを得ようと、アドレナリンやグルカゴンというホルモンの分泌がされます。このホルモンは、血糖値を上げる働きをします。

また、糖尿病の合併症として高血圧がありますが、強度の筋力トレーニングでは血圧を過度に上昇させてしまうため、心臓や脳へ負担がかかってしまいます。

<運動前・後に行うこと>

1.運動前は筋肉が硬く、怪我をしやすい状態と言えます。また、そのような状態で運動をすると、腰や膝などの関節を痛めてしまうという危険もあります。十分なストレッチを行ってから、安全に運動を行いましょう。

2.低血糖またはいつもに比べて過度な高血糖状態にないかを確認し、問題が無ければ運動を開始しす。

3.ウォーキングなどを行う場合、途中で休憩場所を見つけておくことも大切です。頑張りすぎて血圧の上昇が過度にならないように、心拍数も配慮しながら、運動途中でも血圧や心拍数の確認を行うと良いです。

4.運動時の血圧が運動前の血圧と比較し、収縮期血圧(上)が40mmHg以上、または拡張期血圧(下)が20mmHg以上上昇していないかを確認します。また、心拍数は120回を超えない範囲の強度の運動が望ましいです。

初めは健康チェックを行い、どのくらいの運動強度が自分には適しているのかを確認しながら行いましょう。

The following two tabs change content below.
mls

mls

作業療法士として、いろいろな疾患の患者さんとリハビリをしてきました。

スポンサーリンク