運動不足が2型糖尿病を引き起こすメカニズム

運動

運動は健康的な体作りに欠かせないことは頭の中では理解していることだと思います。

しかし、仕事や家事などと毎日はあっという間に過ぎてしまい、「なかなか継続して実践することが難しい。」そう感じている人も多いと思います。

運動をすると、体にどのようなメリットがあるのでしょうか?

それを知っておく事で、運動の重要性を再確認できると思います。

スポンサーリンク

<運動不足の人の状態>

運動不足の人は、運動によるブドウ糖の消費が極端に少なくなります。そのような状態が続くと、インスリン抵抗性が出来てしまいます。

インスリン抵抗性は2型糖尿病の人に多く見られます。十分なインスリンの分泌はあるにも関わらず、内臓や筋肉の働きの低下により、臓器へのブドウ糖の取り込みがされにくくなっている状態を指します。

インスリン抵抗性

また、そのような運動不足の習慣が続くと、糖代謝不良の体質を作り上げてしまいます。そのため、体の中に残った糖を消費できずに、高血糖の状態が続いてしまいます。

<肥満がインスリン抵抗性を助長させるひとつの原因>

運動不足

肥満とインスリン抵抗性には、深い関係があることが分かっています。

脂肪細胞には余ったエネルギーを蓄えるという役割があります。飢餓状態に陥った時に、人は体内で生き延びるための生理的反応を起こします。初めに筋肉がたんぱく質として分解され、それでも足りなくなると脂肪をエネルギーとして分解されることで生命を維持しようとします。

危機的な状況の時に大切となる脂肪細胞ですが、その貯蓄寮には限界があり、限界を超えると脂肪細胞は炎症を起こします。その炎症を起こした細胞から、DNAが流れ出します。このDNAが血中に多いほど、インスリン抵抗性が高まることが知られています。

スポンサーリンク

<運動を行うと体の中ではどのような変化が起こるのか>

運動療法によって、糖尿病の症状が緩和されるという話は良く聞くことだと思います。では、運動を行うと、実際に体の中ではどのような変化が生じるのでしょうか。

ブドウ糖の消費による血糖コントロール

ブドウ糖の消費

体は筋肉の作用により様々な動きが可能となり、それによって日常動作を行っています。

その筋肉を動かすためのエネルギーとなるのが、ブドウ糖です。ブドウ糖をエネルギーとして筋肉へ誘導する働きをするのがインスリンになります。

運動を持続することにより、食事で取り入れられたブドウ糖が消費され、血糖値が下がります。

中性脂肪の燃焼

中性脂肪の燃焼

また、肥満は糖尿病と深い関係がありますが、運動により肥満のもととなる脂肪細胞にはどのような変化が生じるのでしょうか。

脂肪細胞は、運動や寒冷などの外的刺激から体を温めるために必要なエネルギーとして使用され、燃焼されます。

運動によるエネルギーが必要となると、交感神経の働きが活発となります。

その刺激によって、中性脂肪が分解され、エネルギーに変化して燃焼されていきます。

以上のことが、運動によって起こる体の変化です。運動をする機会が少ないと、上記のようなことが行われる機会が減少しているということです。そのため、糖尿病には運動療法が食事療法と合わせて大切な治療とされているのです。

<運動療法と食事療法どちらも大切>

血糖コントロールを整えるためには、どちらかだけ頑張れば良いというものではありません。

食事療法では体に取り入れる糖の量に気を付け、運動療法ではエネルギーとしての消費を促し、インスリンの働きを助けます。

そのことを念頭に入れ、健康的な体つくりをしていきましょう。

健康を気遣う方向けの(宅配食)ランキング

1位:彩ダイニング

2位:やわらかダイニング

3位:美健倶楽部