健常人の約7倍!糖尿病壊疽はなぜ起こる?

壊疽

壊疽(えそ)とは、体の組織・細胞が壊死した(死んだ)部分が、細菌感染を起こして腐敗している状態です。

なので、壊死のあとに壊疽がおこります。
壊疽をおこした部分は、黒くなり、悪臭を放つようになります。

体の中で一番壊疽を発症しやすいのは、足です。

そして、糖尿病の人は、健康な人に比べて7倍も壊疽を発症しやすいといわれています。

糖尿病の人が必ずしも壊疽を発症するわけではないですが、発症して重症化すると、足を切断しなければならなくなったり、ときには死に至る危険さえあります。

この記事では、壊疽の要因と、壊疽を未然に防ぐ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

<なぜ糖尿病の人は壊疽を発症しやすい?>

壊疽を発症する要因として、「動脈硬化」「糖尿病性神経障害」「免疫力の低下」がからみ合っています。

高血糖の状態が続くと、血管は硬くなり動脈硬化を引き起こします。

動脈硬化によって、手や足の抹消まで血流が行き渡らず、酸素や栄養もじゅうぶんに送り届けることができなくなるため、手先・足先の細胞が死んだり、傷が化膿しやすくなります。

また、高血糖の状態が続くと、神経に栄養や酸素を送るための毛細血管の血流も悪くなり、神経が少しずつダメージをうけて、神経障害を引き起こします。

これが、糖尿病性神経障害とよばれるもので、やはり、血液が届きにくい手足の先に起こりやすいです。

最初は、手・足先のしびれやピリピリした痛みを感じるようになります。
症状が進行すると、手・足先の感覚がなくなり、痛みや熱さを感じなくなります。

そのため、傷ができたり、怪我をしても気づくのが遅くなります。

抹消血管の動脈硬化や神経障害は、手よりも心臓から遠い足先におこりやすいです。

加えて、糖尿病の人は免疫力が弱くなっていて、健康な人に比べると、感染症を起こしやすくなっています。

小さな傷でも治りが遅く、細菌感染を起こして、壊疽になる可能性が高いのです。

壊疽になってしまうと、壊疽の部分より上で指や足、ひどければ下肢を切断しなければならなくなります。

また、壊疽をおこした場所から細菌が血液中に入って、敗血症という死に至る病気(感染症)になることもあります。

<こんな実例がありました>

1. 電気アンカでやけどをした患者さん

足先の感覚がないために、電気アンカを使って寝ている間に低温やけどをおこしました。
かろうじて、片足だけでした。
次回の定期受診日までまだ日数があったため、自宅で処置をしていたそうです。
病院に来た時には、やけど部分は化膿して、悪臭を放っていました。
この患者さんは、足の裏と指に壊疽をおこしていて、足を切断することになりました。

2. 知らないうちに足に傷ができていたという患者さん

痛みがなかったので、怪我をしたことに気づかなかった、いつ怪我をしたかもわからないとおっしゃっていました。
小さな傷だったので、治るだろうと思い、すぐに病院受診はしませんでした。
数日しても傷は治らず、むしろ悪化してきたため、病院に来られました。
この患者さんは、壊疽はおこしていなかったので、足の洗浄と抗生剤の投与で回復しました。

スポンサーリンク

<壊疽を予防するためにおこなうこと>

なんといっても、血糖のコントロールが第一です。
それに加えておこなうのが、足のケアと観察です。

おこなって頂きたい項目は、以下の通りです。

1. 足全体、足の裏や指の間まで注意して、傷や変色しているところはないか、ていねいに観察しましょう
2. 毎日、石けんでよく洗い、足を清潔にしておきましょう
3. 乾燥してひび割れをおこさないように、クリームなどをぬって保湿しましょう
4. 爪を切るときは、皮膚を傷つけないように注意し、深爪をしないようにしましょう
5. やけどを防ぐために、お風呂の温度を手で確認してから湯船につかりましょう
6. 低温やけどを防ぐために、電気アンカや電気コタツの使用はやめましょう
7. 足のサイズにあった靴を選び、靴ずれを予防しましょう
8. タコ・ウオノメなどを見つけたら、自分で処置せずに病院に行きましょう
9. どんな小さな傷であろうと、「これくらい大丈夫」と思わずに、病院で手当を受けるようにしましょう

運動療法として、歩くことも血糖をコントロールするのに役立ちますし、下肢の血行がよくなるのでおすすめです。

ただし、運動したあとは、足に怪我や靴ずれがないかを必ずチェックしてください。

<まとめ>

壊疽は、突然発症するわけではありませんし、傷口があっという間に壊疽になるわけでもありません。

血糖のコントロールと、足のケア・観察、どんな小さな傷でも早期に病院で手当を受けることによって防げるものです。

「1日くらい」「明日でいいや」などと思わず、きちんと日々の自己管理をおこないましょう。

2回目に切断オペ。まるで口が開いた便所のスリッパだなww

健康を気遣う方向けの(宅配食)ランキング

1位:彩ダイニング

2位:やわらかダイニング

3位:美健倶楽部