糖尿病性神経障害による末梢、自律神経の障害

糖尿病性神経障害

みなさんは糖尿病の合併症をご存知ですか?糖尿病には三大合併症と言われるものがあります。「糖尿病性神経障害」「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」です。

合併症はHbA1cが7.0%(NGSP値)を越えた状態が続くと、およそ3年程度で兆候が出始めると言われています。神経障害は網膜症や腎症に比べ、早い段階で自覚症状が現れます。

今回は「糖尿病性神経障害」について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

糖尿病性神経障害とは

糖尿病性神経症では、脳や脊髄から枝分かれした末梢神経が障害されます。なぜ末梢神経が障害されるのか、詳しい原因はわかっていません。

高血糖により、神経細胞の中に「ソルビトール」という物質がたまり、神経細胞の働きが失われます。

さらに高血糖が続くことにより血流が悪くなることで、神経細胞に必要な酸素や栄養が届かなくなり、神経障害が引き起こされると考えられています。

糖尿病神経障害【糖尿病3分間ラーニング】

痛み、熱さを感じなくなる

末梢神経には、感覚や運動、自律神経などがあります。これらの神経は痛みや熱さなどを感じ、発汗を促したり、足を動かすなどの役割を担っています。

血糖値が高い状態が長く続くと、まずは足先などの末端の神経に障害が出始めます。痺れから始まり、いつでも靴下を一枚履いているような違和感が生じます。

感覚が鈍くなるため、スリッパが脱げても気が付かなかったり、傷がついていても痛みを感じにくく、けがに気が付きにくいということもあります。これらの症状は左右対称に現れ、徐々に末端から中心へ向かって神経障害が進んでいきます。

自律神経の障害

自律神経は、体温調節や心臓の動きなど、自分ではコントロールできない動きを調節している神経です。高血糖が続くことにより、自律神経も障害されることがあります。

自律神経が障害されると、血圧の調整が不十分となり立ちくらみをおこしやすくなったり、胃腸の働きが乱れ、下痢や便秘を繰り返すなどの症状が現れます。

また、尿意を感じにくくなる、勃起障害がおこることもあります。

さらに自律神経の障害が進行すると、低血糖に気が付かず「無自覚性低血糖」をおこしたり、痛みを感じにくくなるため心筋梗塞の胸痛発作に気が付かず「無痛性心筋梗塞」を起こす危険性もあり注意が必要です。

スポンサーリンク

感染症に注意

感染症

神経障害がおこることに加え血糖が高いと、感染症がおこりやすくなります。

通常、体に病原菌が入ってくると、血液の中の「白血球」が排除します。しかし血糖が高いと白血球の働きが弱くなり、病原菌を排除する力も弱くなってしまいます。

さらに、血液の中に糖分が多く含まれていると、それを病原菌が栄養として取り入れて活発に働くようになるため、感染症にかかりやすくなってしまうのです。

糖尿病足病変は、靴ずれややけど、小さな傷から始まります。糖尿病性神経障害があると、それらの傷を見逃したり、痛みを感じにくくなっているためそのまま放置しがちです。

するとそこに細菌などが感染し化膿、潰瘍がおこります。進行すると「下肢切断」を余儀なくされる場合もあるため、足の観察と適切なケアが重要となります。

足の観察、フットケア

フットケア

糖尿病足病変を予防するために、「フットケア」を行いましょう。毎日入浴し、足をよく観察します。皮膚や爪などに変化がないか、腫れ、色の変化、ウオノメの有無などをチェックします。

糖尿病の人は水虫にもかかりやすいため、指の間もきれいに洗い、観察します。洗った後は指の間までしっかり水分をふき取ります。乾燥している場合は、ひび割れを予防するため保湿クリームを塗りましょう。

神経障害で温度も感じにくくなっているため、お湯の温度やこたつでやけどをしないように注意しましょう。裸足で歩くと、物を踏んでも気が付かずけがの原因となるため、靴下を履きましょう。また、足に合った靴を履くことも大切です。

爪を切るときは、深爪にならないように注意が必要です。爪の角を切りすぎると「陥入爪」という状態になりやすく、爪の角が皮膚に食い込み炎症をおこす原因となります。爪は一直線に切り、先端はやすりで整えるようにします。

足に傷ができてしまったら、なるべく早めに受診するようにしましょう。

糖尿病性神経障害をおこさないためには、血糖コントロールを良好に保つことが重要です。糖尿病の治療の基本である、食事療法、運動療法、薬物療法をしっかりと守り、血糖値を良好に保つよう心がけましょう。

スポンサーリンク


シェアする