糖尿病はどうやって診断されるの?

糖尿病と診断

今回は、一般的に「糖尿病」という病気がどのようなフローチャートに沿って診断されるのかということをまとめてみたいと思います。

糖尿病予備軍と言われた方も、糖尿病と診断された方もよく知っておきたいポイントですよね。

糖尿病の診断に用いられるデータをまずは知ってもらいたいのですが、糖尿病の診断には、「空腹時血糖値」「75g経口糖負荷試験(通称OGTT)2時間値」「HbA1c」「糖尿病性網膜症の存在」という4つのデータが用いられます。

一般的に、糖尿病型と診断されるには、空腹時血糖値が126mg/dL以上、OGTT2時間値が200mg/dL以上、随時血糖値が200mg/dL以上のいずれかに当てはまる場合、また、HbA1cが6.1%以上(国際基準値ではHbA1cが6.5%以上)であることが必要です。

スポンサーリンク

診断のポイント

そして、診断のポイントとなってくるのは、糖尿病型の持続的な存在がみられるか?ということです。

まず、初回検査を行った際に、上に示した血糖値とHbA1cの値がともに糖尿病型の値であった場合は、医者から糖尿病と診断されます。

次に、血糖値のみが糖尿病型の値であった場合は、糖尿病の典型的症状の有無、もしくは確実な糖尿病網膜症のいずれかの所見がみられるかで糖尿病であるかどうかが診断されます。

この典型的な症状とは、口渇、多飲、多尿、体重減少などといった症状のことです。これらのいずれかがある場合は糖尿病と診断され、いずれの所見もない際は再検査の運びとなるのです。

糖尿病の診断基準

再検査が必要な場合

検査

この再検査についてでありますが、再検査では血糖値とHbA1cの両方、もしくはいずれかが糖尿病型の基準値を満たしている場合、医者から糖尿病であると診断されます。

もし、再検査でどちらの値も糖尿病型の基準値オーバーではなかった場合、「糖尿病の疑いがあります」と判断されて、約3~6か月以内に血糖値とHbA1cの再検査を行うように指導されます。

そして、最後にHbA1cのみが糖尿病型であった場合でありますが、この場合はすぐに再検査の運びとなります。この再検査は、なるべく1か月以内に行うように指導されます。この再検査について、別の日に行った検査で糖尿病型が再確認できれば糖尿病と診断されます。

ただし、初回の検査と再検査において、少なくとも一方で必ず血糖値の基準を満たしていることが必要なのです。いわば、HbA1cのみの反復検査による診断は不可能ということになります。それだけ血糖値の数値が糖尿病の診断に大きく影響するということですね。

この再検査において、血糖値とHbA1cがともに糖尿病型の基準値オーバーであったとき、そして血糖値のみ糖尿病型の基準値オーバーであったときに糖尿病であると診断されます。

また、再検査でHbA1cのみが糖尿病型の基準値オーバーであったときやいずれの数値も糖尿病型の基準値オーバーではなかったときは、「糖尿病の疑いがあります」と判断されるのです。この場合、約3~6か月以内に血糖値とHbA1cの再検査を行うように指導されます。

検査した血糖値やHbA1cが糖尿病型の判定基準以下であっても、過去に検査データなどの糖尿病型を示した資料がある場合は注意が必要です。

また、糖尿病の典型的な症状である口渇、多飲、多尿、体重減少などの症状があるとの記録や、確実な糖尿病網膜症の所見の存在の記録がある場合にも注意が必要です。これらの場合は、糖尿病の疑いをもって対応していきます。

血糖値が診断に大きく影響

以上のように、糖尿病には「血糖値」が大きく関わっているということがわかりますね。もちろん、HbA1cの値も診断の大切な指標となりますが、やはり血糖値の方が診断には大きな影響を与えます。

また、「糖尿病の疑いがある」と判断されただけでも、「糖尿病予備軍」といわれています。この糖尿病予備軍の方に気を付けてもらいたいと思うことは、糖尿病ではないのだからまだ大丈夫だよね…という気持ちをなくしてほしいということです。

糖尿病予備軍の方たちにも重症度によって多少の違いはありますが、少なくとも健康な人にくらべると5~6倍は糖尿病になりやすいといえるのです。ですから、しっかりと食生活に気を付け、糖尿病と診断がつかないようにする必要があります。

糖尿病の診断基準

健康を気遣う方向けの(宅配食)ランキング

1位:彩ダイニング

2位:やわらかダイニング

3位:美健倶楽部