糖尿病におすすめ!糖質制限中に砂糖を代用できるラカント 

甘いもの

糖尿病予備軍、もしくは糖尿病と診断されると必ず注意するように言われるのがこの2つです。

①規則正しい食生活

②適度な運動

医師は簡単にそう言いますが、これができていたら糖尿病にならないわけです。

つまり、糖尿病の人は基本的に「食べることが大好き」で、「動くことが嫌い」なんです。

だから、気を付けなさいと言われてすぐにできるほど簡単ではないのです。

例えば、ヘビースモーカーにたばこをやめなさいと言っても、なかなか厳しいですよね。

毎日1箱吸っている人に明日からいきなりゼロにしろと言われても、そうできることではありません。

ほぼ不可能です。

私はスイーツが大好きです。

3度の食事よりも・・・。

誇れることではないけれど、甘いものを何も食べない日はありません。

だからこそ運動を欠かさないように心がけているのですが、これで運動をしなかったら確実に糖尿病と診断され、コントロール不良の患者になっていることでしょう。

スイーツが好きだからこそ、糖尿病の治療で甘いものを制限されている人達の苦しみはわかります。

糖尿病だから制限するのではなく、むしろ糖尿病だからこそ食べたいのです。

スポンサーリンク

【低糖質スイーツを可能にする、魔法の甘味料】

私の住むもより駅に、珍しいスイーツのお店があります。

糖尿病でも、美味しいスイーツが食べたい。

そう思っている人のために、手作りの低糖質ケーキを販売しています。

低糖質ケーキ

なんとこのお店、Ⅰ型糖尿病の奥さんが始めました。

糖尿病だっておいしいものが食べたい、でも食べてしまうとその罪悪感から自分が嫌になってしまう・・・そんな悩みから生まれたのが、低糖質スイーツです。

スイーツが問題となるのは、糖質と脂質です。

中でも糖質はスイーツの甘さそのものですから、欠かせないものです。

その低糖質スイーツを可能にした甘味料が、サラヤ株式会社のラカントです。

(ラカントの公式ホームページはこちら )

<ラカントの3つの特徴>

①天然素材でカロリーゼロ

②砂糖と同じ甘さで使いやすい

③加熱しても甘さそのまま

このラカントを砂糖に置き換えるだけで、糖質もカロリーもゼロにすることができます。

低糖質スイーツのお店では、ケーキの材料として欠かせない白糖をラカントに置き換え、

またチーズやチョコなどの素材からの甘味も生かして低糖質を実現したのです。

【上手に低糖質スイーツと付き合おう】

糖尿病だからって甘いものは一切ダメとか、食べるなら和菓子だけとか、そんなのはスイーツ好きからしたらありえません。

何のために生きているのかわからなくなってしまいます。

食というのは、それほど生活の中の大きな部分を担っているのです。

だから、上手に人工甘味料を使って、低糖質のスイーツをいただきたいものです。

一方で、ラカントが便利な調味料であるがゆえに、その危険性も言われています。

それは、甘いものに慣れてしまうこと・甘いものから離れられないことです。

いくらラカントを使った低糖質スイーツだからって、好きなだけ食べてはいけません。

また、いくらラカントが糖質ゼロだからといって、飲みものにどんどん入れてはいけません。

糖尿病は生活習慣病です。

甘いものを日常的に摂取する習慣(好み)を改善する必要があります。

ラカントのおかげで甘いものが食べられるからと、甘いものを減らそうという努力をしないのは困りものです。

結局甘いものから離れることができずに低糖質でないスイーツも食べてしまうし、コンビニでは甘いコーヒーを選んでしまう。

そのような習慣が怖いのです。

普段はできるだけ栄養士さんに教わった食事指導を守る。

でも、我慢の限界までこらえて爆発した挙句、ヤケ食い&ドカ食いとなるよりは、どうしても食べたいときには低糖質スイーツを選んで食べる。

そんなふうに、いつも頑張っている食事療法のちょっとしたご褒美として入れてみるとよいのではないでしょうか。

糖尿病だからってスイーツを諦めなくたっていいんです。

もちろん、適度な運動もお忘れなく。

健康を気遣う方向けの(宅配食)ランキング

1位:彩ダイニング

2位:やわらかダイニング

3位:美健倶楽部