【糖尿病の夫の誕生日】日ごろの頑張りにディナーでお祝い

誕生日ディナー

先日、夫の誕生日でした。
夫は、以前の記事にも記載しましたように40台前半、Ⅰ型糖尿病の食べ盛り&働き盛り(生活活動強度Ⅲ)です。

そんな夫の糖尿病生活の中の一番辛いとも言える厳しい食事療法を解放する一年に一度の日が夫の誕生日です。

他にも、お付き合いの飲み会などで私の監視の目から外れる事も時々ありますが、それは、働く男性として仕方がない事だと思い、その前後の食事に気を付けています。私が許可して羽目を外せるのは、夫の誕生日のみです(笑)

誕生日とは、その人を生んでくれた両親に感謝する日、その人が生まれてきてくれた事に感謝する日、そして、出会えた事に感謝する日ですね。確かに、ここに存在する人に誕生日がない人なんていないですもんね。

予期せずⅠ型糖尿病を発症するという大きなハプニングを抱えながらもいつも家族を大切にしてくれる夫に感謝するべく、毎年数日前から準備して当日に臨みます。

今年はというと・・・。
3日前からカロリーコントロールを少し厳しくしました。

通常は、朝500kcal、昼700kcal、夜700kcal程度でコントローしていますが、朝400kcal、昼650kcal、夜650kcal程度に下げ、HbA1Cの上昇を予防しました。

また、ちょうどその頃に定時に仕事が終わり17時半頃に帰宅できる事が多くなってきたので、帰宅後に洗車や息子との散歩、サッカー練習の付き添いなど活動量も楽しみながら増やしました。(おそらく本人は気づいていません)

スポンサーリンク

夫の誕生日会、当日

お誕生日ディナーのメニューはと言いますと・・・。

・米粉(朝日米)パンと自家製グラタンのグラタンパン☆

グラタンパン

⇒朝日米は、低GIのため食後の血糖値の上昇が緩やかとされていますので、それを米粉にして自宅でパンを焼きました。

また、グラタンは、大量に小麦粉を使用するため普段はなかなか食べられませんが、小麦粉のとろみを出すためにすりおろしたジャガイモ(のでんぷん成分)を利用し、和風に仕上げました。

野菜とエビをメインにする事で具が多く、食べごたえがありルウが少なくて済むので炭水化物の過剰摂取を防ぎました。

・ベビーリーフとオニオンスライス、スモークサーモンのサラダ&ちょっとポテトサラダのせ☆

スモークサーモンのサラダ

⇒玉ねぎには、血液サラサラ効果がある事は有名ですよね!近くの畑で収穫できたものをおすそ分けにいただいたので大量に使用しました。

もちろん、食事の最初に食べてもらいました。ドレッシングは、クレイジーソルトとオリーブオイル、レモン果汁を混ぜた簡単自家製です。

ポテトサラダは、カロリーが高くなるので、ちょっと添える程度に。

・タンシチュー☆

タンシチュー

⇒やっぱりお祝いにはお肉が食べたいという事でちょっと奮発しました。朝から煮込みました。このメニューのために他のメニューのカロリーを抑えました。

生クリームを最後にかけるとまろやかになるし、見た目おしゃれだと思うのですが、そこは我慢!低脂肪でも我慢!

・豆腐とチーズのなんちゃってチーズケーキ

チーズケーキ

⇒半分豆腐を混ぜたカッテージチーズ(←牛乳を温めて濾す)でチーズケーキを作りました。

レモン果汁を混ぜる事によって、『チーズな感じ』がでます。

生地は、米粉のパンを少し多めに焼いておいて、これを小さく切ってカリカリに焼いて、牛乳に浸してなんちゃってタルト生地を作りました。

生クリームでデコレーションしたいところですが、それはさすがに・・・。息子が好きな果物をたくさん乗せて、全部息子の口に入っていきました。

これで、1200kcalくらいだと思います。

いつもはカロリー計算しやすいように個別にお皿に盛りつけるのですが、サラダやケーキなど『みんなで食べるズボラスタイル』にしたため、細かなカロリー計算はしませんでした。こんな日くらいは私もさぼっていいかなと思って。

その前後には、夕方の散歩をしっかりと行い、19時までに夕食を済ませ(ちょっと早いのですが)、食後には家族で散歩大会&虫取り大会&花火大会を開催してカロリー消費に努めました。

この日の万歩計は12500歩でした(毎日10000歩が目標)。

その後、お風呂でもよく遊びほどよく疲労(いや、かなり疲労)して眠りにつきました。

翌朝の血糖値は103㎎/㎗でした。ギリギリセーフとしましょうか。

という我が家の大きなイベントでした。息子の誕生日は、息子の特別プレートにしたり、ケーキをデコレーションプリンに代えたり(プリンが大好きなので)コントロールできるのですが、毎年夫の誕生日だけは苦戦します。

<まとめ>

糖尿病をサポートする家族にとっては、ドキドキのお祝いイベント。

ご馳走を作りたいけど、血糖値が・・・。そんな時は『今日は特別にいいかな』と思う気持ちも大切なのかなと思います。

全てを解放してしまうとその後の立て直しが大変なので、全てを解放する勇気はありませんが、工夫次第で全部解放したように見せられて満足してもらえる方法をなんとか見つける事ができるのかなと思い、日々模索しています。今年もどうにか終了しました。

夫は、解放された気分で満腹満足だったようで、喜んでくれました。私はとても疲れましたが。

なにはともあれ、誰にとっても大切で特別な誕生日。夫の誕生日を今年も無事に元気にお祝いできた事に感謝です。

The following two tabs change content below.
milkfrance

milkfrance

糖尿病の夫をサポートする母ナースです。 おいしい食事制限日々勉強中!

健康を気遣う方向けの(宅配食)ランキング

1位:彩ダイニング

2位:やわらかダイニング

3位:美健倶楽部