糖尿病で意識障害をきたす合併症

意識障害

糖尿病の治療をしていく中で注意したいのが意識障害をきたす合併症である。糖尿病患者にみられる意識障害はいくつかあるため少し紹介する。

○糖尿病ケトアシドーシス

○高浸透圧高血糖症候群

○乳酸アシドーシス

低血糖

○脳血管障害

○心筋梗塞

○Adams-Stokes症候群

高血圧性脳症

○腎障害・肝障害

○髄膜炎

○睡眠薬中毒

○てんかん

○その他

などがあり、注意が必要だ。

スポンサーリンク

急性合併症

高血糖によるものは、糖尿病性ケトアシドーシス、高浸透圧性非ケトン性昏睡、乳酸アシドーシス昏睡などである。速やかにインスリンによる適切な治療がなされないと、昏睡のまま死亡することが稀ではない。

急性合併症 主な症状・症候 病態
糖尿病 ケトアシドーシス (DKA) ・口渇 ・多尿 ・腹痛 ・悪心・嘔吐 ・血圧低下 ・頻脈 ・アセトン臭

・Kussmaul大呼吸

・インスリンの絶対的欠乏によって脂肪分解が進み、ケトン体が生成され、アシドーシスとなる。 ・インスリンによる糖の取り込みもできなくなるため、高血糖となる。
高血糖性高浸透圧昏睡 (HONK) ・皮膚・粘膜の乾燥 ・血圧低下 ・頻脈 ・痙攣 ・特に、2型糖尿病の高齢者に多く、感染や脱水が誘発となり著名な高血糖および高浸透圧をきたし、脳神経系の細胞内脱水が起こる。
低血糖 ・発汗 ・蒼白 ・低体温 ・頻脈 ・振戦 ・奇異行動 ・傾眠 ・痙攣 ・インスリンあるいはスルホニル尿素薬(SU薬)を使用中の患者で、薬剤の血統降下作用が過敏となり、低血糖に敏感な自律・中枢神経症状が出現する。
乳酸アシドーシス ・腹痛 ・悪心・嘔吐 ・急激な意識レベルの低下 ・Kussmaul大呼吸 ・嫌気性解糖により生じた乳酸が蓄積してアシドーシスとなる、ビグアナイド薬の副作用として生じることがある。

急性合併症の詳細

糖尿病ケトアシドーシス(DKA)

ケトアシドーシス

高度なインスリン作用不足に、インスリン拮抗ホルモン上昇が加わって生じる代謝失調状態である。糖利用低下、脂肪分解亢進に起因して、高血糖と著しいケトン体の貯蓄が生じる。これを受けて生じる脱水とアシドーシスが本態であり、意識障害(腎症では昏睡)をきたす。1型糖尿病に多いが、2型糖尿病患者のソフトドリンク多飲によって生じることもある(ソフトドリンクケトーシス)。

高血糖高浸透圧昏睡

高血糖高浸透圧昏睡

インスリン抵抗性に伴うインスリン作用不足とインスリン拮抗ホルモンの作用亢進によって生じる病態である。著しい高血糖、高浸透圧、脱水を特徴とし、これにより意識障害や痙攣などをきたす。糖尿病ケトアシドーシスと異なり、ケトアシドーシスは欠如するかあっても軽微である。2型糖尿病の高齢者に多い。

低血糖

低血糖

低血糖症な食事(食事の遅れ、量や糖質の摂取が少ない、アルコールの多量摂取)、普段より強かったり長かったりする運動などが原因となることが多い。高度な低血糖の場合、死に至ることもある。

乳酸アシドーシス

様々な原因によって血中に乳酸が増加した結果、著しい代謝性アシドーシスを呈し、昏睡に陥る。ビグアナイド薬の副作用として生じることが多い(フェンホルミンなど)。ただし、ビグアナイド薬のなかで現在主に使わされているメトホルミンやブホルミンは乳酸アシドーシスを引き起こすことはきわめて少ない。アルコール多飲、心血管系疾患のある場合には注意しなければならない。

スポンサーリンク


シェアする