夫の『糖尿病』を息子に説明しました

我が家は、糖尿病の夫、4歳の息子、私の3人家族です。 夫は、Ⅰ型糖尿病を患って10年ほどになります。現在、内服薬とインスリン注射(朝・夕)に助けてもらいながら生活をしています。 息子は『お父さんは、ご飯の前には注射が必要である』という事は認識できているようです...

糖尿病の人が注意したい、真夏の飲み物

日本には春夏秋冬あり、中でも夏と冬は糖尿病の人にとって食べ物の誘惑の多いイベントがあります。 今回は、暑い夏に陥りがちな甘い誘惑についてまとめました。 【夏は誘惑がたくさん!?】 過ごしやすかった初夏を過ぎて夏を迎えると、暑さを理由に様々な誘惑が...

低血糖と高血糖、危険なのはどっち!?

人間は、体温を一定に保つことのできる恒温動物です。 血糖も同様に、常に一定の幅をキープする恒常性を持っています。 それなのに、どうして人は高血糖になり、糖尿病になってしまうのでしょうか? 今回は血糖を調節する人間独自の仕組みについて、お伝えします。 【...

看護師が教える糖尿病の目標設定

我が家では、夫がⅠ型糖尿病です。 毎日辛い制限を耐えていても、毎日良い結果が出たと思えない日もありますよね(毎日朝夕の血糖測定をしています)。 本人なら、一層のこと日々の努力を辞めて『自由の身』になりたいと思う事もあるでしょうね。でも、家族である私も同じです。...

運動嫌いな糖尿病でも運動を続けられるコツ

糖尿病の予防やコントロールのためには運動が大切・・・わかっているけど、続けられない!! そんなお悩みのあなたも、ちょっとしたことを変えるだけで運動が続けられるようになるかも!? 今回は、運動嫌いの人でもを続けられる仕組みについて、お伝えします。 【運...

健康効果の高い和食┃海外も認める魅力とは?

遡ること約4年前の平成25年、日本人の伝統的な食生活である「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。 日本が長寿国であり、和食にその健康の秘訣が隠されているのは周知の事実ですが、特に「1970年代」に食べられていた食事に血糖値や悪玉コレステロールの低下などの効...

なぜアメリカ人は糖尿病が少ないの?欧米人と日本人の違い 

よく欧米人は、お腹周りにタイヤのようなお肉がついている肥満体形の方がいますね。 私の勤務する病院も、外国人の受診者が増えてきたのでよく目にします。 ところがびっくりすることに、高度な肥満であっても糖尿病ではない人が多いのです。 一方で日本人は、「ぽっちゃ...