糖尿病には0カロリーより自然甘味料がGOOD!!

糖尿病になると、もう甘いものは食べられないの?と絶望感さえ感じる患者さんがいますが、決してそうではありません。 もちろん、これまで1日の適性摂取量を大幅にオーバーして糖分を摂取していた方に関しては、徐々に摂取量を減量し、適性摂取量に近づけていくことは大切になりますが...

ストレスによる糖尿病悪化を防ぐ7つの生活改善

ストレス社会という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。 会社員の中には、週1日しか休みが無いという人も多くいます。 ゆとりを感じて生活を送ることが難しく、せわしなく感じながら日常を過ごしている人が少なくありません。そのような社会を、ストレス社会と呼びます。 ...

1回20秒のストレッチで新陳代謝↑↑痩せやすい体に!

ストレッチとは筋肉を伸ばすことで、柔軟性を維持または改善するものです。よく準備運動にストレッチが取り入れられていることを考えると、筋肉の柔軟性を高めることが怪我の防止につながることがイメージできるでしょう。 最近では、ダイエット番組などでストレッチも「肥満防止・体脂...

運動不足が2型糖尿病を引き起こすメカニズム

運動は健康的な体作りに欠かせないことは頭の中では理解していることだと思います。 しかし、仕事や家事などと毎日はあっという間に過ぎてしまい、「なかなか継続して実践することが難しい。」そう感じている人も多いと思います。 運動をすると、体にどのようなメリットがあるの...

糖尿2型に効果大!無酸素運動+有酸素運動

運動療法によって、肥満・ストレスの解消・筋肉の活動量が増えることでインスリンの働きが改善する。などが期待できます。 1型糖尿病は自己免疫疾患であり、すい臓のインスリン産生機能の低下により、インスリンの分泌が行いにくくなる状態です。 すい臓の問題のため、運動によ...

甘い誘惑!果糖ぶどう糖液糖(コーンシロップ)

「糖尿病と診断されてから一生懸命食事をコントロールしようと努力しているのですが、食欲が抑えられないのです」私は看護師として働く中で、何度もこのような相談を受けてきました。 最初は、どうして自分の体のことなのに我慢ができないのだろうかと、首を傾げたものでしたが、患者さ...

糖尿病の合併症で怖い大・小血管障害

❢まず、糖尿病という病気について。 糖尿病というのは、血管を流れている血液の中の糖が「多すぎる」という病気です。 膵臓から分泌されるインスリンが血液中の糖分の調節をして必要な臓器に分配してくれる役割をするのですが、そのインスリンが何らかの原因により働きが悪くな...

糖尿病で運動療法を行う4つの注意点

<糖尿病の状態をしっかりと把握した上で、適切な運動療法を行う> 運動療法の効果として、糖尿病の症状改善を望めます。しかし、糖尿病の状態によっては誤った運動強度で行うことによって、症状を悪化させてしまう危険性もあります。 現在の糖尿病の状態はどうなのかということ...

糖尿病における運動療法 (目的、効果、禁忌)

運動療法(理学療法)について説明します。 糖尿病患者における理学療法の目的は大きく4つあります。 ・末梢組織のインスリン感受性を改善してブドウ糖の利用率を増加させる。 ・筋量を増加させ、体脂肪、血中の中性脂肪などを減少させる。善玉菌を増加させる。 ・食事療...

糖尿病になると尿から糖が出てくるのはなぜ? 

糖尿病という病気はよく耳にしますが、実は身体の中でどんなことが起こっているのか、よくわかっていないという方が多いのではないでしょうか。 今回は血糖とは何か、そしてどのような状態になったら糖尿病になるのかお伝えします。 【糖が身体に取り込まれるしくみ】 糖尿病を定義すると...